ゲルマン人でもわかる歩兵ガイド(Total War:ARENAフォーラムに投稿したもの)

http://forum.totalwararena.asia/index.php?/topic/427-ゲルマン人でもわかる歩兵ガイド/page__pid__2007#entry2007

歩兵は戦場の要であり基本です。騎兵や弓兵に比べるとストレスを感じる瞬間が多いですが、彼らの守備・サポートのほとんどは歩兵でなければ行なえません。歩兵を理解できれば戦術をすべて理解できる……かもしれません。それほどの重要な兵科なのです!

 

TWAでは歩兵と呼べる兵科がいくつか存在します。それぞれ剣兵・槍兵・長槍兵・両手武器・戦犬と呼称することにします。

 

基本:

司令官適正についてお話しましょう。司令官にはそれぞれ3つのスキルが備わっています。これらのスキルは必ずしもすべての兵科で使えるわけではありません。例えば単にinfantryと書かれていれば歩兵全般で使えますがspearやswordと書かれていればspearなら槍兵、swordなら剣兵しか使えません。

ゲルマニクスの場合、上から歩兵全般、盾を持った歩兵のみ、剣兵のみとなっています。

 

この適性によって歩兵を扱うのにも向き、不向きが出てきます。例えばローマで言えばカエサルは突撃スキルがないので歩兵を使うのにはあまり向きません。ですが、もちろん使っても大丈夫ですよ。

一応僕が歩兵で指揮官に向いていると思う司令官とその理由を書いておきます。

 

ゲルマニクス: 剣兵 3つ目の能力が剣兵でしか使えない上にめちゃくちゃ強い

スキピオ:剣兵 ゲームでは騎兵寄りとのことだが歩兵でも十分に活躍できるスキル

レオニダス: 槍兵・長槍兵 シールドバッシュが強力、またファランクスの疲労低下も嬉しい

ミルティアデス: 槍兵 突撃スキルがあるので長槍兵には向いていない。士気低下スキルが包囲で使える。

アルミニウス:剣兵、戦犬、両手武器 2つ目の能力が戦犬・両手武器、両方の歩兵に絶妙にマッチ。なんでもいける司令官

ブーディカ: 戦犬 歩兵もいけないことはないがやはり戦犬で使いたいスキルが多い司令官

 

あと戦いの前には必ず消耗品を買いましょう。オススメは近接攻撃・近接ダメージが上がるものです。もちろん好みによりますが、簡単に強くなるのでオススメしておきます。

それではそれぞれの歩兵の特徴を見ていきましょう。

 

剣兵:

ローマと蛮族の基本的に歩兵はこれになります。比較的癖がなく敵軍の包囲に使いやすいのが特徴です。またローマの場合、デフォルトだと正方形に近い陣形をしているのも特徴ですね。一応弓兵などの守備もできますが壁役にはあまり向いていないというのが現状です。そのかわり対歩兵にはうってつけです。ローマの場合、基本的にピルム(投げ槍)が投げられます。蛮族でも投げられるものがいます。

蛮族の場合はローマよりも打たれ弱くなっていますがその代わりにスピードと包囲した時の士気ダメージが優遇されています。

 

槍兵:

ギリシアの基本的な歩兵です。特徴として正面の耐久力に特化しているのがあります。特にファランクスを組むことでその特徴をさらに伸ばすことが出来、それ故にあまり正面から戦ってもらえない歩兵でもあります。なおファランクスを組むとFFが発生し、味方にも被害が出ますので注意してください。

 

長槍兵:

槍兵の長所をさらに伸ばした歩兵です。ファランクスを組んだ時の正面火力は凄まじく、敵兵が正面から向かってきてくれればまず負けることはないでしょう。ただ背面からの士気ダメージに弱く、また味方との連携が難しいので使用の際は注意が必要です。

 

両手武器:

蛮族のみに存在する両手武器ファルクスをもった歩兵です。通常の歩兵に比べて攻撃力が高く、また装甲貫通ダメージを高いです。しかしそのかわりに敵の弓兵などに対しては脆弱です。ですのでできるだけ敵が正面から戦いに来てくれる状況を作るか、もしくは背後から殴れる状況を作る必要があります。

 

戦犬:

歩兵と呼んでいいのかわかりませんが歩兵に分類されているっぽい兵科です。屈強な犬とやや打たれ弱い歩兵が組み合わせられた構成と成っています。

特徴としては犬の正面突破力です。相手がファランクスを組んでいたとしても正面から犬が食い破る事ができます。もちろん犬にもダメージは出ますが、槍兵にとってみれば恐怖の対象といえるでしょう。

犬は指定の場所に移動させることが出来、視界の外でも送ることが出来ます。もちろん視界の外でも戦ってくれるので場所さえわかっていれば相手の軍を視界外から壊滅させることが出来ます。

犬が敵をガリガリ食い破り、残った歩兵で背後や側面を取るというのが戦犬の基本戦略です。犬だけを酷使しすぎるとすぐ脆弱な歩兵だけになるので気をつけましょう。

 

歩兵の役割

歩兵には果たすべき役割があります。まず戦線の構築、これは単に正面から敵とたたかうことを指します。敵の歩兵よりできるだけ味方の歩兵の数が多い状況を作り、十分に歩兵のちからを活かして包囲殲滅したいところです。

 

次に重要なのが弓兵などを守ること。彼らを最大限守ってあげることで結果的にチームのためになります。決して餌にして騎兵を釣ろうなどと考えないように。それよりも弓兵の数を維持し、射撃回数を多くした方が全体のためになります。

 

以上でゲルマン人でもわかる歩兵ガイドは終わりです。TWA JP wikiよりも踏み込んだ内容を書いてみました。(それ故に今後あてにならないことを言っているかも)

参考になれば幸いです。それでは戦場でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です